https://www.ending-service.info

死後事務委任契約


一人暮らしの方が何も準備することなく亡くなったら…

あまり縁起の良い話ではないので、できれば考えたくありませんが…

しかし、高齢化が社会現象化する現在では、高齢者の孤立死ももはや他人事ではありません。


残す家族がいないなら、自分が死んでしまっても誰も困らないと考えている方がいらっしゃいますが、果たしてそうでしょうか?


これまで、葬儀や埋葬などの死後の事務は、慣習として家族や親族が担ってきました。そこに家族や親族以外の第三者が介入することはまずありませんでした。


それが、近年の少子化や社会構造の変化、家族関係の希薄等の様々な要因により死後の事務(死後事務委任契約)を担える家族や親族がいないため、誰かに頼まなければいけない方が増えてきているのです。



葬儀や埋葬などの死後の事務を第三者に頼む必要がある方とは

・子どもがいない人
・子どもがおらず兄弟もいない人
・親族と疎遠な人
・親族が遠方に住んでいる人
・同年代の兄弟や親族には任せられない人
・身近な親族が高齢者の人                        など


時代の流れにおいて、おひとりさまの死後事務を専門家に頼むことは必須になりつつあります。